ブログ

3種類- Dyed Pocket T-Shirt –

本日は3種類の「染め」のポケットTシャツをご紹介です。

まずはこちら。

Sulfide dye
日本語で言う「硫化染め」です。

※アミノフェノールなどの芳香族化合物を硫黄、または硫黄と硫化ナトリウムなどで加熱、
溶解して作られる化学染料を使用して染める方法で、
特徴としては、色落ちがしにくく、
その中でも着れば着るほど、独特な風合いに変化していきます。

次に
Garment dye
こちらは「製品染め」です。
※製品を縫い上げてから染める方法のことです。

特徴は、洗い加工を施した時に、生地の色合いと風合いに独特な表情が出るため、
新品でありながら微妙な色合いが出て、すでに経年変化しているように見えます。

最後は
Tie dye
「絞り染」です。

※製品を紐などで縛り上げ、その状態で染料をかけていく方法で、
特徴は、縛り方や、染料のかけ方によって様々な模様が生まれます。

どれも一緒の様で、全く違う方法で仕上げられています。

「知らずして着る」より「知ってて着る」。
こっちの方が楽しくないですか?

TALKING ABOUT THE ABSTRACTION
Sulfide dye Pocket Tee / ¥10000+tax
Garment dye Pocket Tee / ¥10000+tax
Tie dye Pocket Tee / ¥12000+tax

※カラー・サイズに関しましては下記の店舗へお気軽にお問合せください。


ANCIENT AGE

■OPEN:11:00~20:00(定休日 火曜)
■TEL/FAX:0596-26-1661
■ADDRESS:〒516-0074 三重県伊勢市本町18-22 コミュニティビル1F


□OFFICIAL HP

http://ancient-age.jp

□facebook page
https://www.facebook.com/ANCIENT.A

□ANCIENT AGEへのお問い合わせ

info@ancien

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る